木づくりの家・数寄屋建築
山下建設株式会社/YAMASHITA Construction co.,Ltd.
会社案内
山下建設の思い
施工実績
ウッドファニチャー
交通アクセス
お問い合わせ
トップページ
   
 
正立寺
正立寺本堂 新築工事 現場所在地
工期
用途
山口県下松市
2008.12〜2009.12
寺院
構造


延べ床面積
木造/一部鉄筋コンクリート造
地上1階、地下1階
473.87u
 
完成した物件を見るこの物件は完成しています
 

2009.5.24 上棟

 
山下建設株式会社施工中物件正立寺平成21年5月24日 上棟法要を行いました。  
▼各写真にマウスを載せると拡大写真がご覧になれます  
山下建設-正立寺-上棟全景 山下建設-正立寺-外陣虹梁・蛙股 山下建設-正立寺-上棟法要風景 山下建設-正立寺-向拝前にて 山下建設-正立寺-御住職(左より2番目)棟梁、脇棟梁
上棟全景 外陣虹梁・蛙股 上棟法要風景 向拝前にて 御住職(左より2番目)棟梁、脇棟梁
 
このページのトップへ  
 

2009.4〜5 建方

 
山下建設株式会社施工中物件正立寺工場での刻み加工が終わり現場での建方作業に入りました。 柱、土台、足固め、虹梁組立ての後、斗供組(三手先組)の作業へと移ります。 その後、小屋の組立て及び屋根の下地張りを行い上棟の準備に入ります。  
▼各写真にマウスを載せると拡大写真がご覧になれます  
山下建設-正立寺-向拝組立て 山下建設-正立寺-虹梁組立て 山下建設-正立寺-尾垂木組立て 山下建設-正立寺-丸桁組立て 山下建設-正立寺-斗、蛙股組立て
向拝組立て 虹梁組立て 尾垂木組立て 丸桁組立て 斗、蛙股組立て
         
山下建設-正立寺-向拝(獏、獅子) 山下建設-正立寺-妻虹梁組立て 山下建設-正立寺-屋根小屋組完了    
向拝(獏、獅子) 妻虹梁組立て 屋根小屋組完了    
 
このページのトップへ  
 

2009.3 化粧加工材の準備が整いました

 
山下建設株式会社施工中物件正立寺彫刻は福岡県直方市の香月彫刻所へ依頼します。 原案より、材の大きさ、意匠を念密に立案した後、下図を基に彫刻を施します。 向拝の獅子鼻、獏を製作。

材料: 欅、楠
 
▼各写真にマウスを載せると拡大写真がご覧になれます  
山下建設-正立寺-彫刻(獅子) 山下建設-正立寺-彫刻(獏) 山下建設-正立寺-蛙股 山下建設-正立寺-向拝蛙股 山下建設-正立寺-手挟み(籠彫り)仮組
彫刻(獅子) 彫刻(獏) 蛙股 向拝蛙股 手挟み(籠彫り)仮組
 
山下建設-正立寺-右図は彫刻師の描いた向拝の虹梁の下図です。 施主に確認の上、彫刻に取り掛かります。  
このページのトップへ  
 

2009.2 小屋組材、柱の刻み作業

 
山下建設株式会社施工中物件正立寺島根県より松材を仕入れました。 工場にて、本堂の小屋組材の刻み、内陣、外陣の欅柱を丸柱に加工。 虹梁などは彫刻を施す前の事前加工を施します。  
▼各写真にマウスを載せると拡大写真がご覧になれます  
山下建設-正立寺-工場内作業風景 山下建設-正立寺-欅柱加工1 山下建設-正立寺-欅柱加工2 山下建設-正立寺-虹梁刻み 山下建設-正立寺-墨付
工場内作業風景 欅柱加工1 欅柱加工2 虹梁刻み 墨付
 
このページのトップへ  
 

2009.1 刻み加工が進行中です

 
山下建設株式会社施工中物件正立寺本堂の主材料の刻み加工を工場にて進めています。 長尺の虹梁や桁の加工準備をし、建て方の準備をします。
【主木材】
柱: 地桧
桁: 欅(向拝桁9m)
虹梁:
 
▼各写真にマウスを載せると拡大写真がご覧になれます  
山下建設-正立寺-柱の刻み 山下建設-正立寺-小屋丸太刻み 山下建設-正立寺-桁の刻み 山下建設-正立寺-虹梁桁9m 山下建設-正立寺-柱ホゾ
柱の刻み 小屋丸太刻み 桁の刻み 虹梁桁9m 柱ホゾ
 
このページのトップへ  
 

2008.10 本堂三手先組の仮組み

 
山下建設株式会社施工中物件正立寺本堂の斗組は三手先組の為、事前に原寸型の仮組みを工場内で 行いました。組入の工法、細部のチェックなど、形の最終確認をします。  
▼各写真にマウスを載せると拡大写真がご覧になれます  
山下建設-正立寺-三手先仮組み作業 山下建設-正立寺-細部の確認 山下建設-正立寺-斗組仮組 山下建設-正立寺-仮組み完了1 山下建設-正立寺-仮組み完了2
三手先仮組み作業 細部の確認 斗組仮組 仮組み完了1 仮組み完了2
 
このページのトップへ  
 

2008.9 原寸図を基に緻密な作業を進めています

 
山下建設株式会社施工中物件正立寺正立寺本堂の工法は、古代建築の工法を基本としています。 原寸にて、材の大きさや形を再チェックした後、原木の製材、 加工寸法を決定します。本堂の三手先組に加え、山門、鐘楼 においても同様、原寸での確認後作業に取り掛かります。  
▼各写真にマウスを載せると拡大写真がご覧になれます  
山下建設-正立寺-原寸図 山下建設-正立寺-尾垂木原寸図板 山下建設-正立寺-原寸図確認1 山下建設-正立寺-原寸図確認2  
原寸図 尾垂木原寸図板 原寸図確認1 原寸図確認2  
 
このページのトップへ  
 

2008.8 木材の準備と検査

 
山下建設株式会社施工中物件正立寺全国から選りすぐれた欅材を岐阜県にて調達しました。 施主の確認を得て、刻み作業へと進みます。  
▼各写真にマウスを載せると拡大写真がご覧になれます  
山下建設-正立寺-本堂破風・虹梁の原木(米ヒバ14m) 山下建設-正立寺-木材検査1 山下建設-正立寺-木材検査2 山下建設-正立寺-破風板製材1 山下建設-正立寺-破風板製材2
本堂破風・虹梁の原木(米ヒバ14m) 木材検査1 木材検査2 破風板製材1 破風板製材2
 
このページのトップへ  
 
 
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。Copyright(C)2007-2011 Yamashita kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved.